何者かになるために、模索する日常

nanimono

work ためになる話

出世が早い女性上司の元で働いて気づいた圧倒的な違い&特徴5選

投稿日:

私は、ある上司の元で3年間以上、右腕として働いていました。

その上司とは、「チャンスが舞い込んでくる上司」

頻繁にチャンスがその人に舞い込んできてました。

何が違い、何をしているかを知りたくなって、当時、よく観察・考察していた回想を記録したいと思います。

※右腕とは?
最も信用し、たよりにしている部下。

当時上司から「あなたは私の右腕」と言われたので右腕の名乗っています。

「チャンスが舞い込む」とは?

  • ・会社での出世が早い
  • ・その人にとって、やりたかったことの話がくる

などなど

出世に関しては、受け取る側がどういうワークライフを生きたいかで、

嬉しいか嬉しくないかは決まってくるかと思いますが、

その上司にとっては、チャンスというと捉え方をしていました。

出世が早い女性上司の元で働いて気づいた他との圧倒的な違い&特徴5選

①自分の意思ははっきりと表明

嫌なことややりたいことは、口に出して公言していました。

誰に発言するかということも大事ですが、もちろん権限のある人に対してです。

言い方は相手によって、調整する必要があると思います。

「正直にいうキャラ」として浸透していたため、言いやすい環境ではあったかもしれません。

②目の前にある仕事に精一杯の努力する

チームの結果を出すために、チームの中で誰よりも仕事やってましたし、

時間がかかる内容も、効率的にするために、自分なりに改善もしてました。

③誰よりも圧倒的な結果を出す

数字が出るものはすべて一番をとってました。

一番のとり方も、割と手段を選ばずに、結果のみにフォーカスしてました。

手段を選ばないので、内容によっては、マネできないことも少々ありましたが、

結果へコミットする熱量は参考にしたいものです。

④基本仕事を溜め込まない

    ・メールの返信は速攻対応

    ・追加仕事も発生してから基本2日で対応

これは、ビジネスで結構言われているし、実践している人も多いかと思いますが、

上司は、ここを徹底してやってました。

⑤情報網が広い

大企業だったので、社員数も多く、ある程度、自分から話す機会を設けないと情報網が広がらない企業でした。

そんな中でも、他部署とのコミュニティを広げ、積極的にコミュニケーションをしてました。

どうやって広げていたかというと、その上司はタバコミュニケーションで広げていました。

⑥頼まれごとは、基本「YES」

①で自分の意思は伝えていることはすでにお伝えしましたが、

とはいいつつ、やっぱり仕事なので、部長や課長から仕事を急に依頼されることもしばしば。

そのときは、どんなに忙しくても

「暇なんで、大丈夫ですよ」

この言葉よく、言ってました。

上司は、本当は暇じゃないんですよ。他にも大きなタスク抱えてるんですよ。

ただ、その上司に依頼する理由があって依頼しているので、断ることはなく、笑顔で受けてました。

右腕の私としては、全体を俯瞰して見ているので、手伝えることはないかと当時はよくサポートしていました。

Recommend

-work, ためになる話

Copyright© nanimono , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.