何者かになるために、模索する日常

nanimono

ためになる話

15秒で口説く?!練習が必要だけど知る価値あり

投稿日:

こんにちは!

今回は、会社の文庫にあった
美月あきこさんの著書「15秒で口説く。エレベーターピッチの達人」を
ご紹介します。

<本日の本>
15秒で口説くエレベーターピッチの達人 / 美月あきこ

【15秒で口説く】相手を動かす話し方

エレベーターピッチとは?

15秒〜30秒で行う、ごく短いプレゼンテーションを「エレベーターピッチ」と呼びます。

この言葉は、シリコンバレーでよく使われている話し方として有名です。
シリコンバレーの起業家はエレベーターの中で投資家と会ったときに、
目的の階までの数十秒で自分の会社のプロジェクトを売り込むと言われています。

起業家にとって、その短い時間でチャンスを捉えて、短い時間で、端的に、そして魅力的人伝えるのです。
このような背景から「エレベーターピッチ」と呼ばれています。

エレベーターピッチの威力

世界的に有名な投資家、ウォーレン・バフェット氏とダイヤモンド販売チェーンオーナーとの話。

ダイヤモンド販売チェーンのオーナーがニューヨークのホテル前でバフェット氏を見かけました。
バフェット氏は他の人と一緒でしたが、ダイヤモンド販売チェーンのオーナーはそんなことは構わず、自社がいかに投資に値するかを説明。

説明を聞き終わったあとは、バフェット氏は「詳しい資料を送ってください」と一言。
この間は、30秒だったそうです。

1年後には、ダイヤモンド販売チェーンのオーナーは自社をバフェット氏に売却。

エレベーターピッチの目的

相手の興味をいただかせて、印象に残すことです。
身近なところでいうと、CMや動画広告のようなものだと思います。

GTCメモを作成するのだ

本の中では、GTCメモの作成をおすすめしてます。

G(Goal):自分の目的
T(Target):相手のほしいもの
C(Contents):GoalとTargetをつなぐアプローチ
本の中の一例:
エレベーターピッチの本を出したいので、出版社に売り込む場合

G:エレベーターピッチの本を出したい
T:出版社は面白くて売れる本がほしい
C:アメリカでは主流になっているプレゼンの方法なので話題性がある
C:プレゼンの本は最近よく売れている
C:メルマガでエレベーターピッチを紹介したら好評だった

エレベーターピッチ的に言うと↓
「とても売れそうな面白い企画があります。それはエレベーターピッチです。
アメリカでは主流になっているプレゼン方法なので、これから日本でも必ず注目されると思います。
私のメルマガの読者は1万人いるのですが、先日エレベーターピッチを紹介したら、かなり好評でした。
プレゼンの本は最近ヒット作が出ています。
新たな切り口のプレゼン本として、今なら、手に取る読者も多いのではないでしょうか。
御社でぜひ出版させていただけると光栄です。」

上記のような形でサンプルも書いてくれています。

総括

著者は客室乗務員としての経験もあるようで、相手の時間を奪わないず、端的に、
でも印象的に伝えるにはということを考えている方だなと思いました。

個人的な感想としては、相手に興味をいだいてもらうような話し方は、
結局トークの練習と伝えたいこと整理が必要。
あとは、言葉以外にもパッションなんかも必要だと個人的には思います。

だけど、自分が思い通りにやりたいことを進めるためには伝え方はかなり重要なので、
テクニックの概要などポイントを知っておくのはいいと思います。

本の中では、テクニックや練習課題やGTCメモも書かれているので、
気になる方は目を通してもいいかもしれません。

<本日の本>
15秒で口説くエレベーターピッチの達人 / 美月あきこ

Recommend

-ためになる話,

Copyright© nanimono , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.